クリニック案内を詳しく見る

札幌市中央区大通西2丁目5番 都心ビル4F
地下鉄大通駅19番出口直結

相談・予約受付は年中無休 9:30~20:00 診療時間は10:00~19:00 完全予約制
■プロフィール■

  • 男性のご相談専門のカウンセラーの増山です。
    札幌中央クリニックMen's公式ブログでは、私が最新情報などを発信しております。
■最新の記事■
■カテゴリー■
■月別一覧■
■ブログ内検索■
■札幌中央クリニックホームページ■
ホームページはこちら
 

| 長茎 | 2012年04月06日
皆様、こんにちは。カウンセラー橘です。

この前の日記にもipadについて書いてありましたが、ipadをついに購入しました。
ですが2にしました。なぜなら安かったからです。
iクラウドがとても便利に感じます。


さて、今回のブログは短小のお悩みに対することを書いていこうと思います。

短小と一言で言っても患者様のお悩みはたくさんあります。

①先細り
これは、亀頭部分のサイズが気になる、亀頭部が細くサオとノバランスが悪い状態です。
このようなお悩みには前回のブログに書かせていただいた、「亀頭増大」が適しています。
カリの張りを大きくすることにより見た目がたくましくなり、改善する事ができます。

②サオ(陰茎)の細さ
これは、亀頭とサオを比べるとサオが極端に細くバランスが悪い状態です。
このような状態には前々回のブログに書科せていただいた、「LIPAS(リパス)」陰茎長茎増大術が適しています。
LIPAS(リパス)は注入剤がほぼ100%残る材料として効果を永久的に維持することができます。

③ペニスの長さ
これが今回のブログで紹介させていただく治療です。
元々短小な方はもちろん、
ペニスの長さの悩みは包茎手術についてのご相談にご来院いただく患者様からも大変多く受ける相談です。

例えば…
・元々はもっと長かったが年々短くなってきた。
・お腹の脂肪がついてきてペニスが埋まりこんできた。
・椅子などに座るとペニスが引っ込んでしまい包皮が被ってしまう。
・元々は包皮は剥けている状態だったが年々かぶってきた。
・包茎手術をしたのに、被ってしまう。

このようなお悩み、非常に多いです。

どうしてこのような状態になってしまうか。文章にすると伝わりづらいのでイラストにしてみました。


原因としてはいくつかありますが、主な原因としては下腹部の脂肪が付き、
その脂肪により、恥骨、じん帯が脂肪内部に埋まりこんでしまう。
(座った時などは負荷が多くかかる為入り込んでしまいます。)

そのような状態を改善するためには
①『長茎術(埋没陰茎修正手術)』
②『脂肪吸引式長茎手術』
という治療があります。

①はペニスの付け根部分を2~3センチ切開し、埋もれている恥骨、じん帯を引き上げ通常の位置で固定する方法です。
頑丈な縫合糸で固定しますので外れることはほぼありません。永久的な効果があります。
傷跡は残りますが、切開傷のみとなり、付け根部分の陰毛に隠れる様になりますので外から見ても全くわかりません。
通常時は平均2~5センチの長大効果があります。(勃起時の長さはほぼ変わりません。)
この手術についてのイメージは体の中に埋もれているペニスを最大限表面に出す治療と思っていただければわかりやすいと思います。

②は埋没の原因となっている下腹部の脂肪を除去する手術となります。
方法は通常の脂肪吸引と全く同じ方法で行います。
カニューレという器具で脂肪細胞を吸引します。下腹部のみであれば30分ほどで終了しますので体の負担も少なく、完全無痛麻酔など使用することもできますので、
眠っている間に治療を行う事も可能です。

症例

★Before




★After(長茎術、包茎手術後)



こちらもご覧くださいませ。
長茎術について


*********************************
診察・カウンセリングは完全無料です!
いつでもお気軽にご相談ください!
札幌中央クリニック ☎0120-013-609
E-MAIL相談
*********************************


| 長茎 | コメント (0) | トラックバック (0) |